長房脳トレ塾「集い」のブログ

「集い」はシニアのためのコミュニティーサロンです。
・シニア世代特有の不安やストレスを解消する講座・セミナーを開設。
 専門家とシニアをつなぐハブとして機能します。
・シニア同士の情報発信と交換の場とします。
・脳トレ効果があるプログラムを運営。
健康寿命の延伸してシニアのQOLの向上を目指します。
アクティブシニアの力で地域を活性化しましょう!

ナイス!と思われましたらお友達にも紹介してくださいね。

歩き方から認知症発見!

こんにちは長房脳トレ塾管理人です。


今日は金曜日
長房脳トレ塾「音読コース」の日です。
黙読より音読、
それもできるだけ早く読むことが
脳に良い刺激を与えることがわかっています。
一緒に元気よく声を出してストレスも一緒に発散しましょう。

長房脳トレ塾、金曜日は音読の日です。


さて、昨日は加齢によって歩幅が狭まるということに注目しました。
今日はもう一歩進んで歩行と認知症についての報告をご紹介します。


認知症予防研究の最前線では、
MCI(軽度認知障害)と呼ばれる認知症の一歩手前の段階で発見し、
早めの対策を実行できれば、
認知症への進行を緩やかにできると考えられているようです。


このMCIの発見に歩行が大きく関わっているというのです。
その基準の一つがスピード。
横断歩道が渡れなくなったとか
駅まで行くのに時間がかかるようになった
というのが気づきのポイントだといいます。


ここで一つ発想を変えてみましょう。
歩行のことを逆に考えれば
歩くスピードが遅くならず、
高齢者独特の歩き方にならなければ
MCIにはならないとも考えられるわけです。


それだけに歩幅に気をつけようという声が上がるわけです。
ある専門家は
自分よりも早いペースで手足を動かしている人を見つけたら、
それに合わせてみることを進めています。


それともう一点、
歩幅5㎝作戦。
ほんの少し伸ばすだけで体に好影響を与えてくれるそうです。
どちらも楽しみながらできそうです。


早速今日から心がけるようにしましょう。



健康寿命を伸ばしたい

健康寿命を延ばすためには
生活習慣を守りましょう。
そして脳に適度な刺激を与えましょう。

脳に適度な刺激を与えて認知症予防。健康寿命を延ばしましょう。


事業運営シニアボランティア募集


「集い」では事業運営をサポーしてくださる
シニアボランティアを募集しています。
これまで培ってきた知識や経験を生かし、
私たちの活動をサポートしてください。

「集い」では事業運営をサポーしてくださる シニアボランティアを募集しています。

お願いしたいのは
1. 受講会員の募集
2. 脳トレなどの事業がより良くなるための提案

高齢者の生きがい作りにもなります。
脳トレにスタッフとして無料で参加できます。
成果・実績が上がれば謝礼をお支払いします。

特に出社の必要はありません。
お友達やご近所の方に「集い」を紹介していただき
脳トレの受講を勧めていただければ結構です。

その他、余裕がありましたら
シニアとしての生の声を事業内容へ反映するため
いろいろな提案をしてください。


まずは下記までメールでご連絡ください。
tsudoi@2eft.com